交渉がスムーズに

交通事故の被害に遭ったら、被害に見合う慰謝料の請求を行わないと、怪我の治療費や車の修理費など、事故に遭った際に出た被害を全て自分でまかなわなければなりません。相手側も、慰謝料を支払う条件として、示談交渉を行いますが、その際提示される金額は全ての被害を負担するものにならないことがほとんどなので、こちらが納得できる慰謝料を得るために、時間をかけた交渉が必要です。そういうときに役立つのが弁護士などの専門家で、スムーズに交渉を進めてくれます。

交通事故による慰謝料請求を弁護士に依頼するメリットは、第三者が交渉をスムーズに進めてくれるという点です。法律などに知識が無い当事者同士が話し合いを行っても、おそらくは話がうまく進みません。長年多くの交通事故を見てきて、示談交渉を行ってきた弁護士なら、事故の状況などから慰謝料の相場を導きだし、お互いが納得する形で交渉を終えられるように話を進めてくれます。

慰謝料について弁護士に依頼することは、円滑な話し合いにもつながります。交通事故を起こした方の多くは、示談交渉を行っていますが、それが出来ない場合は裁判が起きることがあります。裁判が起きると、示談交渉よりもはるかに時間がかかる上で、費用もより大きい額が求められるので、可能な限り示談で済ませられるように話が進みます。加害者側にとっても裁判は避けたいものなので、円滑に示談交渉で話をまとめるためにも、第三者の目と長年の経験は役立ってくれます。

関連⇒交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所


  • コメントはまだありません

示談金の増加

交通事故による被害は、状況によって大きく異なります。ほとんど怪我も無く、手元のものも壊れないなど、まったく問題ないこともあれば、長期入院やリハビリが必要になったり、大事なものが壊れてしまうこともあります。そうした被害を受けた際、その分の損失を補うのが慰謝料です。大抵は示談を行うために、加害者側が慰謝料を用意してくれますが、その際自分では交渉を進めずに、専門家に依頼したほうが、よりこちらにとってお得な結果につながります。

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリットは、慰謝料が増加できるという点です。相手が提示する示談金は、怪我の治療などの最小限のものとなっているので、示談金を受け取った後にトラブルが起きても、一度受け取った示談金意外を受け取ることは出来ません。そのため弁護士などの専門家に依頼して、将来のことも考えた示談金の増加を目指すことが多いです。示談金の交渉はなるべく早いうちから進めましょう。

慰謝料がどれだけ高くなるかは、交渉がうまくいくかにかかっているので、依頼する弁護士は実力がある方を選びたいところです。事故に遭ったけれども、弁護士への連絡などが出来るのであれば、出来る限り早く連絡を入れるようにして、身内が事故に遭い、依頼などが難しい場合は、家族が変わりに依頼を行ったり、保険の特約など、弁護士に相談する方法を用意していないかどうか、早めに確認するのをオススメします。


  • コメントはまだありません

交通事故を相談

普段車に乗ることが多いという方はもちろん、免許を持っていないという方も、交通事故に遭う可能性はゼロではありません。事故に遭った際に受ける被害は、事故の規模によって異なりますが、場合によっては長期入院が必要となったり、仕事を満足に続けられなくなったりと、非常に大きな被害に遭うこともあります。そうなったときには、加害者側に慰謝料を請求できますが、このとき弁護士にサポートを依頼しておくと、多くのメリットを活用できるようになります。交通事故に遭った際は必ず弁護士に相談しましょう。

弁護士に相談する最大のメリットは、自分よりも確実に知識を持っているという点です。普段の生活で交通事故に遭い、慰謝料を請求したり裁判を起こしたりすることは、人生でそう何度もあるわけではありません。そのため自分で交渉しようとすると、事故の規模に合わない小額の慰謝料を受け取ることになるなど、示談交渉を相手側のペースで進められてしまいます。そうした事態を防ぐためにも、専門家である弁護士にサポートを依頼することが重要です。

また弁護士など第三者に交渉などを依頼することで、精神的な余裕が生まれるのも重要です。怪我を負ってこれから先の人生がどうなるかわからず、辛い入院生活やリハビリを続ける中で、頭を使う慰謝料請求や示談金交渉を行うのは困難です。その点弁護士に依頼しておけば、面倒な手続きや交渉はほとんど代行してくれるので、自分はその間怪我を治し、リハビリを行うことに集中することが出来ます。健康な体を一日も早く取り戻すためにも、弁護士に依頼するのを忘れないようにしてください。


  • コメントはまだありません